コンテンツにスキップ

Turkuaz –「暗号を通してつま先を傾ける」

15年2014月XNUMX日、ニューヨークのブルックリンを拠点とするファンク衣装 ターコイズ スタジオ内でのプライベートパフォーマンスのためにテレフンケンスタジオを訪れました。

パフォーマンス全体は、スタジオのAPI 1608コンソールとNeve&LaChapellプリアンプのセレクションを介してライブで録音されました。 すべてのチャンネルは、オーバーダブなしで、TELEFUNKENマイクを使用してPro ToolsHDにXNUMX回のテイクで追跡されました。

ドラムセットにはDD5ダイナミックドラムパックが採用され、キックはM82、スネアはM80-SH、タムはM81-SHでした。 オーバーヘッドは、AR-51チューブマイクの対応するペアで録音され、M80ダイナミクスはORTFのルームマイクに使用されました。 AR-70STEREO真空管マイクはスタジオのさらに奥に配置されました。 ベースギターは、アンプのAK-47mkIIと一緒に直接追跡されました。 トランペット、テノール、バリトン、エレキギターはM81-SHで録音され、ボーカルはカスタムショップM81で女性の声で、M80で男性の声で追跡されました。 レスリーオルガンとキーボードアンプもM81でマイクを使用しました。 最後に、まだリリースされていないM60FET小型ダイアフラムコンデンサーがハイハットに使用されました。

このライブレコーディングのオリジナル曲「TipToeThroughTheCrypto」のマルチトラックオーディオファイルがダウンロードできるようになりました。

すべてのファイルは同じ形式で明確にラベル付けされており、最初にソース(LEAD VOX、ACOUSTIC、PIANO)がリストされ、次に使用されるマイク(M80、M82など)が続きます。 すべてのオーディオファイルは.WAV形式で表示され、24ビット/44.1KHzのサンプルレートで録音されました。

「TipToeThrough The Crypto」は、IndabaMusicと共催している毎月開催中のコンテストの曲でした。 トップXNUMXのミックスは人気投票によって決定され、優勝ミックスはアーティストとTELEFUNKENのスタッフによって判断されました。